いつも俺のことをみてくれよ

 「うちのお母さん家にいるときはいつもスマホいじってんだ。」

「2階に一緒にいるときも、お風呂にもスマホ持って行くんだよ。」

教室でのプリント学習の合間に
A君(小学校低学年)からぽろっとこぼれた一言です。

A君のお母さんは
ある分野のスペシャリスト。
朝早くから夜遅くまで働きながら家事と育児もあきらめない
スーパーウーマンです。

「お母さん仕事中にスマホ見られないじゃない?
家族みんなと一緒にいる中で
ほっとした気持ちでスマホ見たいんじゃないかな、
ちょっとくらい許してあげてほしいな。」

「ふーん。そうかぁ」
A君はそう言うとさらさらっと最後の国語のプリントを
終わらせました。

親の気持ちも、子の気持ちもよく伝わるエピソードだなあと
感じました。

皆、毎日一生懸命生きています。
教室ではくもんプリントを通じて
そんな皆さんを応援しています。

このブログの人気の投稿

茨城で国内留学10年したら

2020年くもん牛久・学園の森大賞 発表!!

人生相談