2015年12月27日日曜日

子どもが活躍!家の手伝い

「日本人はそうじが好きね~」
「何であんなにそうじをするの?」
外国育ちの生徒さんに素朴に質問されました。

年末にむけて
日ごろ掃除の足りない箇所をあれこれ
「きれいにしなければ」と思ってしまい
何もしないで正月を迎えると罪悪感を感じるのだ、と
説明したところ
彼女に言わせれば
「そんなの日本人だけ(笑)」












今年はめずらしく暖かい冬ですが
真冬に大掃除をするのは
確かに合理的ではないのかもしれません

が、教室の生徒さん兄弟で
自分の家の大掃除を早めに終わらせ
祖父母宅の窓ふきや雨戸の掃除を手伝って
大喜びされたという例も

お母さん曰く
「お湯を使うのが成功の秘訣」だそう

水だと冷たくて嫌がるのが
バケツに暖かいお湯を入れて掃除させたら
兄弟で喜んで雑巾をしぼり
「今迄で一番大掃除がはかどった」とのこと

お母さんアイデア賞!

冒頭の彼女に
「自分で掃除しないで誰がするの?」と質問したら
「メイド」それも「2人いた」そうです

ひゃ~すごい

でも年末になるとソワソワして
大掃除をして、清々しい気持ちで正月を迎える
こんな日本の風習を彼女が将来
「独特だけどなかなか良いものだな」と
思ってくれたら嬉しいな、とも思いました

もっとお子さんを大掃除に活躍させて
楽をしましょう、大人のみなさん!

しかも家の手伝いがあれこれできる子は
皆共通して段取りがうまく
これは勉強にも生かせているようです

♪冬休み学習相談 受付中♪

公文式くもん牛久教室国道6号
Tel  :029-871-8441
Mail:kumonusiku@gmail.com






2020年くもん牛久・学園の森大賞 発表!!

  今年は非接触型の原点「糸電話」で協議しようと紙コップと長いたこ糸を用意しましたが 通信が風がふくたびに中断され 審査は過去最高に困難をきわめたことをここに報告いたします。 今年の受賞作はこちら! 「サードドア 精神的資産の増やし方」  アレックス・バナヤン著 東洋経済新報社 ...