2019年4月21日日曜日

1日30分のくもんタイム

この春も受験の結果が出て、
中3、高3の教室生徒さん皆、無事に合格を手にしました。
これまでの合格者の共通点を見ていると中学生の早い時期に
「自分で自分の勉強をプロデュースできる子になる」かどうかが一番の鍵のようです。
いざ進学中・高へ合格しても実はそこからがスタートです。
「志望校の合格」だけを最終目標にしていると、
入学後にお子さんが勉強についていけなくなり苦しむことになります。
そこで教室では「志望校合格はもちろん、入学後の上位を目指そう!」
と常々話しています。

2020年くもん牛久・学園の森大賞 発表!!

  今年は非接触型の原点「糸電話」で協議しようと紙コップと長いたこ糸を用意しましたが 通信が風がふくたびに中断され 審査は過去最高に困難をきわめたことをここに報告いたします。 今年の受賞作はこちら! 「サードドア 精神的資産の増やし方」  アレックス・バナヤン著 東洋経済新報社 ...