2016年5月24日火曜日

「俺ってひょっとして、いけるんじゃね?」

5月の無料体験も後半になりました

くもんのプリント学習をされるお子さんを
さり気なく観察していますと

最初は不安で心配そうな顔をされていても
学習の途中でわくわくしたような感じになり
終わった後はなんとも嬉しそうな
すっきりしたような表情をされることが多いです











学習前には
ひとりひとりの診断テストをして
学習の出発点を決めますが

おそらくこのスタート地点の教材が
お子さんが元々内に秘めていた
能力に火をつけるようで

「俺って(私って)ひょっとして、いけるんじゃね?」
こんな思いが目の輝きに現れてきます

「初めの一歩は自分への尊敬から」

自分が大したことのない人間だなんて思ってはならない
それは自分の行動や考え方を
がんじがらめに縛ってしまうようなことだからだ。
そうではなく最初に自分を尊敬することから始めよう。

まだ何もしていない自分を
まだ実績のない自分を
人間として尊敬するんだ。

自分を尊敬すれば悪い事なんてできなくなる。
人間として軽蔑されるような行為をしなくなるのだ。

そういうふうに生き方が変わって
理想に近い自分、他の人も見習いたくなるような人間に
なっていくことができる。

それは自分の可能性を大きく開拓し、
それを成し遂げるにふさわしい力を与えることになる。
自分の人生をまっとうさせるために
まず自分を尊敬しよう。

         「力への意思/Friedrich Wilhelm Nietzsche」

子どもたちに読んで聞かせようと思っていた言葉でしたが
大人にもこういった考え方は必要ですね





♪5月無料体験 実施中♪

公文式くもん牛久教室国道6号
Tel  :029-871-8441
Mail:kumonusiku@gmail.com









 
 
 
 


2020年くもん牛久・学園の森大賞 発表!!

  今年は非接触型の原点「糸電話」で協議しようと紙コップと長いたこ糸を用意しましたが 通信が風がふくたびに中断され 審査は過去最高に困難をきわめたことをここに報告いたします。 今年の受賞作はこちら! 「サードドア 精神的資産の増やし方」  アレックス・バナヤン著 東洋経済新報社 ...